野崎良太(Jazztronik)

Ryota Nozaki (Jazztronik)

- Produce, Compose, Arrangement, Piano, DJ

Jazztronik とは野崎良太が率いる特定のメンバーを持たない自由なミュージック・プロジェクト。ジャンルに縛られない数々の作品のリリースし、アーティスト、ピアニスト、作編曲家と して確固たる地位を築いている。“箱根彫刻の森美術館 40 周年記念音楽” に、3rd ピアノソロアルバム「bird of passage」の収録曲が、映画「死刑台のエレベーター」の主題歌に「ベッ トタイムストーリー feat.YUKI」が抜擢された他、2011 年 1 月に発売された LEXUS のコンパクトハイブリットカー “CT200h” のナビゲーター “世界でも活躍する新進気鋭の音楽家” として WEB、雑誌広告等で大量露出される等、多方面からオファーが絶えない。

映画「宮城野」、ドラマ「未来講師めぐる」、「Love Game」、「Real Clothes」、「逃亡弁護士」、「鴨、京都へ行く」、「First Class」等の映画、ドラマ音楽も数多く担当し、クラシック、 Jazz、クラブミュージックだけにはとどまらない独自の音楽性は増々進化し続けている。サウンド・プロデューサー、リミキサー、ミュージシャンとしても数多のアーティストとコラボレー ションを重ねており、葉加瀬太郎、布袋寅泰、TRF、クリスタル・ケイ、ゴスペラーズ、山崎まさよし、椎名林檎、Coming Century、島谷ひとみ、flumpool 等・例を挙げると枚挙に暇がない。 海外では 12” シングル「Dance with me 12” ver/SAMURAI」が Danny Krivit、LouieVega 等の多くのトップ DJ に支持を受け、Chez music より 12inch Single「SAMURAI- 侍」が アメリカ及びヨーロッパ各地でリリースされスマッシュヒット。世界一のダンスミュージックレーベル Defected の大ヒット Mix CD シリーズ「In The House」を日本人アーティストと して初リリースし、全世界のダンスミュージックファンを魅了。ロンドン、マンチェスター、NY、パリ、エジンバラ、ローマ、フィンランド、スロバキア、エストニア、リトアニア、クロアチア、 アイルランド、韓国、上海、シンガポール等でのイベントや、Southport Weekender、Kaunas Jazz、Jazzakarr Fess 等の海外人気フェスにも DJ、Live Set で招聘され大好評を得た。 国内では、ロングランパーティー“Jazztronica!!”を DJ として全国各地で開催する他にも演奏家、作編曲家として音楽会“The Fileds”をスタートする等その活動は多岐に渡る。アコースティッ ク~ Big Band 編成等スタイルを様々に変える Live Set も Jazztronik の大きな魅力の一つで、鹿児島白水館、長崎県美術館、金沢 21 世紀美術館、きんせ旅館等の文化施設~赤坂 BLITZ、 Billboard Live、Blue Note 等のライブハウスまで会場の幅も広い。

2013 年に自身のレーベル七五三 Records を立ち上げ「Jazztronik Studio Live Best」、2014 年に「Cinematic」をリリース、そして 2016 年はオリジナルフルアルバム「Keystone」(ワー ナーミュージックジャパン)、過去の音源を自身がセルフリミックス、リアレンジ、リエディットしたアルバム「Private Edits」(ポニーキャニオン)をリリース。

2017 年新バンド「野崎良太 with GOODPEOPLE」を結成。葉加瀬太郎が音楽総監督を務めるレーベル、HATS よりニューアルバムをリリースする。


Movie

映画『夢二人形』(1998 年)山崎達璽監督

映画『三面夢姿繪―みつおもてゆめのすがたえ―』(2000 年) 山崎達璽監督

映画『あの日、忘れた、想い出。』(2000 年)

映画『宮城野』(2008 年)山崎達璽監督

映画『死刑台のエレベーター』(2010 年)主題歌 “ベットタイムストーリー feat.YUKI”

映画『Five Percent Man』(2016年)田中雄之監督


TV

テレビ朝日系ドラマ『未来講師めぐる』(2008 年:深田恭子主演)- 挿入曲担当 関西テレビ企画・制作フジテレビ系列連続ドラマ『Real Clothes』(2009 年:香里奈主演) 読売テレビ制作・日本テレビ系列連続ドラマ『Love Game』(2009 年:釈由美子主演) 関西テレビ、ホリプロ共同制作フジテレビ系列連続ドラマ『逃亡弁護士』(2010 年:上地雄輔主演)

NHK 総合テレビジョン『サタデースポーツ & サンデースポーツ』(2011 年)共通のメインテーマ “Walk ON” 作曲 毎日放送(MBS)制作・TBS 系列連続ドラマ『家族八景 Nanase,Telepathy Girl's Ballad』(2012 年:木南晴夏主演) フジテレビ連続ドラマ『鴨、京都へ行く。- 老舗旅館の女将日記 -』(2013 年:松下奈緒主演) フジテレビ系連続ドラマ『First Class』(2014 年:沢尻エリカ主演) etc..


Other Works

LEXUS コンパクトハイブリットカー “CT200h” のナビゲーター “世界でも活躍する新進気鋭の音楽家” に抜擢(2001 年) ユネスコ無形文化遺産登録「大垣祭公式 “大垣祭(ヤマ)行事”」のプロモーション映像音楽制作

“箱根彫刻の森美術館 40 周年記念音楽” 制作

愛知県豊明市の観光 PR 映像の音楽制作等、多くの都市、地方自治体の PR 映像音楽を制作 etc..


Produce, Arrange, Remix

SOLIDEMO「Heroine」May’n「Loose My Illusions」「Moon Walker」島谷ひとみ「Sign Music」(Album produce)、中孝介「愛の形」(Strings arrange & Arrange)、椎名林檎「ありあまる富」 (Arrange)、Coming Century:「Forget it all」(Compose & Arrange)、ゴスペラーズ「陽のあたる坂道」、(Strrings arrange & Arrange)、葉加瀬太郎「情熱大陸のテーマ」(CoArrange)、 山崎まさよし「When you gonna Learn」,「いかれた Baby」(Arrange)、TRF「Going 2 Dance 06」(Arrange)、中村舞子「Girl who dreams sweet love」(Compose & Arrange) 中島美嘉「月の砂漠」、「朧月夜」(Strings arrange)、溝口肇「LUSH」(Compose & Arrange)、「The Wave」(Arrange)、Crystal Kay「Shining」、青山テルマ「このままで」、松平健「マ ツ ケ ン サ ン バ」,Marina Show「Street walking woman」、和 田 ア キ 子 :「あ の 鐘 を な ら す の は あ な た」、Bonnie Pink:「Under the sun」、m-flo「orbit3」,Dianna Ross & The

Supremes「I’ m coming out」、深田恭子「キミノヒトミニコイシテル」、上戸彩 :「ウソツキ」etc..


Original Albums(最新5タイトル)

『Private Edits』、『Keystone』(2016) 『Vamos La Brasil』、『Cinematic』(2014) 『Jazztronik Studio Live Best』(2012)

Jazztronik Official Web Site : jazztronik.com Musilogue Official Web Site : musilogue.co.jp


伊藤彩(Violin)

5歳よりバイオリンを始める。

東京音楽大学付属高等学校を卒業後、ウィーン市立音楽院での2年の留学期間を経て東京音楽大学卒業。

卒業はライブステージやレコーディングで活動しながら円熟期へ向けて邁進中。


古川淑惠(Cello)

東京藝術大学音楽学部器楽科を卒業。

様々なアーティストのライヴやレコーディングに参加している。

NHK 薄桜記 ソロ演奏

NHK FamilyHistory メインテーマソロ演奏

フジテレビ オデッサの階段 メインテーマソロ演奏

フジテレビ 福家警部補の挨拶 ソロ演奏

ゲーム 金色のコルダ ソロ演奏 

ガンダムオルフェウス ソロ演奏 等


田ノ岡三郎 (Accordion)

東京を拠点に全国で活動を続ける「旅するアコーディオニスト」。東京音大卒。後にパリにてダニエル・コラン氏に師事。

coba氏によるアコーディオンの祭典「Bellows Lovers Night」への出演などからキャリアを開始し、現在は幅広いジャンルのステージ&レコーディングで日々熱演中。野崎良太氏の作品への初参加は2014年のJazztronik「Cinematic」。

歌うように奏であげる音色には定評があり、「ひよっこ」「逃げるは恥だが役に立つ」などTVドラマ、CMやゲームの音楽への演奏参加も多数。稀に「ムジカ・ピッコリーノ」「ヒットメーカー阿久悠物語」などキャストとしての出演も。

自身のオリジナル曲を中心に、独奏を軸にした最新作「snowdrop」等これまでに5作のソロアルバムを発表。

アコーディオン奏者となる前の活動としてはNHK教育番組テーマソングや「みんなのうた」への楽曲提供などがあり、国外でのステージ歴はフランス、ポルトガル、台湾、アルゼンチン。


木村将之(Bass)

これまでにコントラバスを齋藤順、永島義男の各氏に師事。 東京芸術大学卒業、同大学院修士課程修了。 前田憲男、猪俣猛、中西俊博、中村善郎、遠藤響子等と共演。東儀秀樹、谷村新司、上妻宏光、甲斐よしひろ、伊東ゆかり等のツアーに参加。コントラバスアンサンブル「Black Bass Quintet」で3枚のアルバムをリリース。クラシック、ジャズ、ポップス、など様々なジャンルで活動中。